管理組合が注意すること|計画的に行なうべき大規模修繕【マンション住まいの人は必見】

管理組合はここを注意して大規模修繕を行なおう

管理組合が注意すること

マンション

話し合いは難しい

マンションにはいろんなタイプがあり、低層マンションのような建物だと住んでいる世帯数も少なくなります。対して、タワーマンションのような建物だと世帯数も多くなってしまって意見が違う人の数も多くなります。
そんなときはマンションの修繕委員会における話し合いも難しくなってしまうのです。

広く意見を聞く

工事業者やコンサルタントに任せてしまうのも一つの方法ですし、東京にはそういった業者がたくさんあります。しかし、やはり自分の家ですので、皆の意見をできるだけ活かした大規模修繕をしたいものです。
そのためには、
・早く決着をつけようと急がない
・対立する意見もちゃんと聞いて検討する
・意見が合わないままだったら話し合いを最初に戻す
こういった態度で話し合いに臨むべきです。話し合いをまとめる立場になったときに、必要となるスキルです。

大事なのは反対意見に耳を傾けること

誰もが自分の住むところはいつでも綺麗でいてほしいですし、長く使いたいと思っています。しかしその人によって大事であると思うところは違います。話し合いの際にはそういった違う意見にも耳を傾けることで、冷静に計画が立てられるのです。

広告募集中